家づくりの資金計画(セキスイハイム)

先週の14日(日)に打ち合わせした図面の修正が上がってきましたので、展示場で打ち合わせをしました。

希望通りの図面に仕上がって満足しました。。

家づくりの資金計画(ローン支払い)について

いままであまり具体的な資金計画をしてこなかったのですが、今日出来ました。
自己資金、借り入れローンの金額を想定した返済計画でした。

ボーナス支払いなしで、月々の支払いが10万円を切って9万円台(売電、光熱費ゼロを考慮)でした。
太陽光発電を載せるので、現在掛かっているガス代や電気代の1万5千円が掛からなくなります。
現在の家賃が6万円なので、それに光熱費1万5千円を足すと、7万5千円となるので、現在との差額は1万5千円程度となります。

出来れば、月々の支払いは9万円を切って、8万円台を希望している自分たちとしては厳しかったです。
むしろ、7万5千円程度で済ませたいというのが本音です。

フル装備をあきらめる?

今回、装備する外壁のタイル、蓄電池、快適エアリーなど、住むのにどうしても必要ではないものを外せば、8万円台にはなりそうでした。
しかし、それらをあきらめたとしても、自分たちで各部屋のエアコンとかもろもろそろえると、結局は快適エアリーをつけても変わらない値段になる。
しかも!!外壁もタイルにしておけば、一般住宅のように塗り直しが必要ないので、最初からタイルにしておいた方がコストを抑えられる。
通常、外壁の塗り直しは10年から15年毎に100万〜200万かかるので、私が生きている内に2回から3回あることを考えれば、タイルの方がだいぶ安い!

そう考えると、最初にフル装備のための投資をしてメンテナンスが出来るだけ少ない家にするか、、メンテナンス費用が掛かってもいいからローコストメーカー、もしくは装備を減らしたセキスイハイムにするのがいいのかということになりました。

迷う〜。

さらに迷いどころがあって…続く