長期60年の無料定期診断で最初の6ヶ月定期点検をしました

住み始めて5ヶ月が過ぎた頃に、セキスイの担当者から6ヶ月定期点検の日程について電話がありました。

電話があったのは、セキスイハイムのリフォーム、サポート部門の別会社、セキスイファミエスの方からの連絡でした。

建てるまではセキスイハイム、建てた後の点検、診断はセキスイファミエスが担当してくれます。

今回、ファミエスの方は2名で来られました。

外回りの点検でしたこと

まず初めに外回り。外壁の汚れや欠け、割れの確認。雨樋の確認、玄関ポーチの屋根を確認しました。

太陽光のパワコンなどはネジを外して蓋を開けて見ていました。

あとはお手入れの仕方など。快適エアリーの吸込口の汚れの取り方、エコキュートの(旅行など長期お出掛けしてた場合)、使用前のガス?空気の抜き方を教わりました。

室内の点検でしたこと

電気、エアコン、IHクッキングヒーターや快適エアリーなどのスイッチ、扉の開閉、壁紙(クロス)の確認などでした。

トイレやお風呂はお手入れの仕方や、扉やドアの調整方法などを教えてもらいました。

不具合箇所の修理を依頼

今回の点検にあたって、気になる所を幾つかピックアップしていました。

1つ目は、和室とリビングを仕切っているインテリア棒。7本あるのですが、この内数本の固定が緩く、触ると揺れたりしていました。

tenken-1

2つ目は、和室のガラリ部分と畳の間の枠縁が一部めくれて、欠けていました。

tenken-2

引き渡し時にすでに付いていたのか、自分たちで付けたのかが分からない傷でした…

この2点は、それぞれ専門の職人さんにしか出来ないとのことで、後日、修理となりました。

まとめ

今回初めての定期点検でしたが、特に大きな問題点もなく無事に終わりました。

2箇所の不具合も無償で対応して頂けるということなので良かった!

ファミエスの担当の方も、いままで関係してきたセキスイの方と同様、とてもいい人にあたったみたいで、これから先も色々とお任せ出来そうで安心しました。