今月の電気使用料金と売電料金(2014年6月21日から7月20日まで)は発電量が良くなかった

今月の電気使用料金と売電料金(2014年6月21日から7月20日まで)は記録更新をしました

先月24日以来2、3週間ぶりのブログ更新です。なにかと忙しくて書くことは沢山あったのに、なかなか書けず終いでした。。

なので、ぜんぜんタイムリーではないですが、先月の今月の「電気ご使用量のお知らせ」と「購入電力量確認票(太陽光)」の話題を。(きっと、来週にはまた新しいお知らせが来るんでしょうけど・・・。)

今回の6月21日から7月20日の電気料金まとめ

6月21日から7月20日までの天気

31日間のうち、18日間が晴れ。雨が2日、残りが曇りという天気でした。今回も6割程度が晴れということで、5ヶ月連続同じぐらいの割合で発電をしてくれたと思います。

6月21日から7月20日までの生活スタイル

梅雨の時期の中盤から後半に掛けての月でしたが、雨も少なく、曇が多い感じでした。非常に蒸していて日中は、快適エアリーで夜寝るときは。

電気使用量(料金)

使用料は352kwhで、請求額は6,132円でした。
前月に比べて25%増加した2,000円アップしました。
エアコン、快適エアリーをフル稼働させて2,000円アップで済んだのは良かったです。

電気売電量(料金)

taiyo-7

売電量は311kWhで、料金が11,818円でした。前月が522kwhだったので、約40%減となりました。梅雨の期間というのもありましたが、4割減は結構大きいですね。。

電気料金の収支

買電料金が6,132円で、売電料金が11,818円でしたので、5,686円のプラスでした!前月と比べるとプラス収支が5,000円ほど下がりました。

まとめ

エアコンや快適エアリーとフル稼働させても使用料が2,000円アップで済んでいたのは以外でした。今月も気兼ねなく使っていけますね。

ただプラス収支になったとは言え、売電量が減っているのは残念です。

太陽光発電は晴れて日差しが強すぎるのも、逆に発電効率が悪くなってしまうので、夏場の発電量はそれほど期待は出来ないと聞いたことがあります。

この記事を書いた人