新居への引越は費用が安く済みました。終わった後に住民票の異動もしてきたよ

2月4日、大安の日は引越の日でした。依頼をした引越業者はヤマトにしました。平日の午後便だったので安かったです。

見積は2社に出してもらい比較する予定でした

今回お願いしたヤマトと、アート引越の2社に見積をお願いして検討しようと思いましたが、アート引越が約束した時間に来られないと見積の前日の夜に言ってきたので、ヤマトにすることを伝えて断りました。

引越の比較検討をしなくて良かったのか?

今回、ヤマトにお願いするのは初めてではありませんでしたので、リピート割り的な割引をしてくれました。たぶん、アートや他業者ではここまでの勝負値段は出てこないだろうと判断しました。

引越費用はいくらか

前回の引越が、エアコン1台取り付けを入れて45,000円でしたが、今回はエアコン1台取り外しを入れて36,000円でした。(エアコンの取り外しは5,000円くらい)

しかも、今回は冷蔵庫や洗濯機がないということで、2拠点のドロップオフをサービスしてくれました。

1LDKのアパートに住んでいたとはいえ結構な荷物があり、これら全てを新居に持っていくのではなく、3分の1ぐらいを新居(車で片道5分)へ、残りを隣の市の実家(車で片道30分)まで運んでもらうことにしました。

これら含めて30000円程度(エアコン取り外しを除く)で抑えることが出来たので非常に助かりました。

実際の引越作業はどうだったか

養生はしてくれるので、傷が付いたりと言うことはなかったです。だけど、1人の作業員が足を滑らせ、床の一部のワックスがはげました。。傷ではないので許容範囲としました。
(もう既に子どもが遊んでワックスがはげてるところもあるし・・・)

住民票の異動と運転免許証の住所変更

引越作業が終わった後は、市役所へ行き住民票の異動をしてきました。運転免許証の記載事項変更(住所変更)は時間まで間に合わず、別の機会になってしまいました。
月〜金の17時45分までって・・・仕事してる人はどうするんだろう。変更してないと文句を言うのに変更出来るのが平日だけって・・・どうよ。

この記事を書いた人