ソニーのブルーレイ・レコーダーが故障したので修理に出したよ

1月に買ったばかりのソニーのブルーレイレコーダー(BDZ-ET1100)。「液晶テレビとブルーレイ・DVDレコーダーの家電を新しく買いました

使用して半年ぐらいかな。。昼間に録画予約をしようと思ったら、画面にエラーメッセージが。。

B-CASカードとのアクセスが成立しません??

レコーダーを起動したら、画面に「B-CASカードとのアクセスが成立しません。カードを抜き差ししても直らない場合はカスタマーセンターへお問い合わせください。」と表示されました。

寝る前までは問題なく動作していたのに、突然の出来事でした。。

B-CASカードの抜き差しをしてみる

とりあえずメッセージ通りにB-CASカードの抜き差しをしてみました。昔のファミコンカセットにしたみたいにフーフーと息を掛けるようにICチップにもしてみたり(笑)、拭いたりしてみましたが駄目でした。。

B-CASカード自体には問題なさそう

B-CASカードの抜き差しをしてみたが、現象が変わらなかったのでカードに問題があるのかと思って、試しにテレビに差してみました。。

問題なくテレビが映りました。

ということは、カード自体に問題はなくて、レコーダー本体の問題のようです。

もう一度チャレンジ!

レコーダーの本体をリセット(録画していたものは消えませんでした)して、電源コードを抜いて一からやってみました。

結果ダメでした。。
購入先の電器屋さんでも試しましたがダメでしたので、修理出しとなりました。。

まとめ

原因不明の突然の故障でした・・・いわゆるソニータイマー?って思いましたが、まだ半年だし。。

とにかく早く戻ってきてほしいなぁ。子どもの駄々を止める番組が沢山入っているので。。ある意味死活問題です(笑)

この記事を書いた人