PM2・5対応可能な高性能フィルターの快適エアリーと換気システム

みなさんはセキスイハイムの「快適エアリー」や「空気工房」などは導入されていますか?他社のハウスメーカーですが、微小粒子物質「PM2・5」に対応した24時間換気システムを開発したそうです。

トヨタホームとミサワホームが24時間換気システムを共同開発

トヨタホームとミサワホームは、微小粒子物質「PM2・5」へ対応した高捕集率外気フィルターを搭載した24時間換気システムを共同で開発したそうです。
トヨタホームは、都市型住宅『エスパシオLX』に設定され、ミサワホームは14年から発売する新商品に導入をしていくそうです。
トヨタホームとミサワホームの現在の換気システムは、天井に設置するタイプでフロアごとに給排気をする仕組みだそうです。ここに、今回新開発された高捕集率外気フィルターを搭載して、外気に含まれる微小粒子物質が室内に侵入することを防ぐそうです。

セキスイハイムの快適エアリーの導入を考えてみる

我が家には快適エアリーが1階だけですが、導入します。
導入をしようか迷っていましたが、この1、2年で「PM2・5」が騒がれ始め、洗濯物を干すときにも気を遣うようになった時期でしたので、「PM2・5」をほぼ防げるということだったので導入を決めました。
私たち大人はいいですけど、まだまだこれから成長していく子どものためには家に居るときだけでも良い環境を作ってあげたいからですね。

快適エアリーに標準搭載される「高性能フィルター」の特徴は?

「快適エアリー」「空気工房」に装備された換気システムの高性能フィルターは花粉や大気汚染微粒子の侵入を業界最高レベルで抑制します。それぞれ花粉の99.9%以上、「PM2.5」については2.5μmの微粒子であれば99.9%、0.2μmの微粒子でも80%以上を捕集可能。換気による室内への汚染物質侵入を抑制するそうです。

「健康的な生活をサポートする」と医師の97%が評価した空調設備を標準仕様に【キレイな空気と暮らす健康補助住宅 ドクターズ・エアーモデル】の発売について
http://www.sekisuiheim.com/info/press/20130408.html